風俗の求人の面接の際にはこんな点に注意しよう

普通にコンビニやショップの店員などで働いていても高額報酬は見込めませんよね。その給料で満足しているならいいのですが、どうしても短期間でまとまったお金がいるという人にとっては間に合いません。

そんな時、女性ならではの仕事が風俗で働くことです。最近ではいろいろな風俗の仕事があり、その内容も多岐に亘ります。そして、インターネットをチェックすれば求人も簡単に見つけることができるようになり、風俗で働く女性も増えている傾向にあります。

でも、風俗って男の人にエッチなサービスをするから男性経験が豊富でなければダメなんじゃないの?と思っている人も少なくないようです。

壁際に立つ下着姿の女性 白黒

けれども、今や風俗プレイはたくさんの種類があり、ハードなものから比較的ソフトなものまでさまざまです。自信のない人なら、最初はソフトなプレイのお店から始めてはいかがでしょうか。

いずれにせよ、風俗の仕事をするためにはまず、お店で面接を受ける必要があります。ほとんどのお店ではオーナーか店長クラスの男性が面接を行なってくれますが、いったいどんなことを聞かれるのだろう、どんなことを答えるほうが採用されやすいのだろうと思っていることでしょう。

ここでは、風俗の面接を受ける際の注意事項などを紹介したいと思います。特にはじめて風俗の仕事をする人にとっては、わからないことだらけで面接も緊張することでしょう。

でも、風俗店といっても面接で聞かれることはコンビニバイトの面接とさほど変わりません。風俗で働くのがはじめてとか、風俗のことをあまり知らなくても心配はいりませんよ。

面接で聞かれることは、主に次の3点です。ひとつ目が「これまでに風俗の仕事の経験があるかどうか」、ふたつ目が「ひと月にどれくらい出勤できるか」、そして最後が「どれくらい稼ぎたいのか」です。

ひとつ目の風俗の経験の有無については、全く経験のない女の子よりも他の店でそこそこ男性客に人気があった女の子のほうが前の店の顧客を連れて来てくれるかもしれないという思いがあるからです。

また、一から手取り足取り指導する手間が省けるという点もあります。しかし、風俗の経験がなくても却ってそんな「ウブ」な女の子がいいという男性客もいるので問題はありません。

ふたつ目の出勤日数については、やはり店側としてもシフトの関係などでどれくらい働いてくれるかを把握する必要があります。

赤色の下着姿の女性と上半身裸の男性

出勤日数がはっきりしていないと男性客からクレームがついたり、リピーターを増やすことが難しくなりがちです。三つ目のどれくらい稼ぎたいかというのは、その女性の「ヤル気」を知るためのものです。

「半年で100万円貯金するのが目標」という女の子なら、少しくらい嫌なことがあって勝手に仕事を休んだり短期間で辞めてしまうことが少ないと考えられます。

また、男性客にNGを出してトラブルを起こすといった事態もないでしょう。なによりもその目標に向かっていろいろと努力するので、お店側としても扱いやすいのです。

ただ、面接に受かりたいからとその場だけの答えをしていてもすぐにバレてしまいますし入店してからいろいろとトラブルになることもありますから、正直に答えることをおススメします。

それから、質問を受けるだけでなくこちらから積極的に質問しましょう。事前に質問事項をメモにしておくのもいいでしょうし、面接の最中に疑問に思ったことを訊ねても構いません。

実際に働き始めてから思っていたことと違っていたなどとトラブルになるよりも、面接の時点で疑問点は解消しておくようにするべきですよ。