男性のズボンを下している女性

風俗の求人の面接の際にはいろいろ質問もしよう

風俗のお店の求人に応募した場合、一般的な仕事やアルバイトに就くときと同じように面接を受けて採用されてから働くことになります。

面接の申し込みをして、おもにオーナーや店長クラスの男性従業員と面談することになるのですが、その際にいろいろと質問をされることでしょう。

質問の内容は主に、風俗の仕事の経験はあるのか、一ヶ月にどれくらい働けるのか、そしてどれくらい稼ぎたいのかという3点です。

これらを訊ねてそのあとは給料の話や歩合についての説明がほとんどとなるのが一般的です。風俗で働く女性にとって給料の話が最も重要な点ですからしっかりと説明してもらえるのはありがたいのですが、その他にもいろいろと知っておくべきこと、聞いておいたほうがいいこともあります。

入店してから「そんな話は聞いていない」「聞いていた話と違う」などといったトラブルにならないためにも面接でしっかりと確認したり疑問点は解消しておくようにしましょう。

たとえば、女性には生理がありますから、その際の出勤の扱いはどうなるのかといった点です。お店によっては在籍している風俗嬢のひと月の最低出勤日数を定めていて日数が足りないとペナルティを科すところもあります。

さらに、家庭の事情などである一定の日数しか出勤できないこともあるでしょうから、自分の条件の場合のお店の対応を事前に伝えて相談しておくことをおススメします。

また、突発的な事態やお客とトラブルがあった時の対処法なども訊ねておくことです。罰金や弁償といった不利益を被ることがないかどうかも確認しておきましょう。

お店によっては自宅から職場までの送迎をしてくれるところもありますがそれにかかる経費はどうなるか、お店で着るドレスや衣装などの費用は誰が支払うのかなど、事前に知っておくべき点はたくさんあります。

特にお金に関わる事柄は、面接の際にはっきりさせておくほうが後々のトラブルを回避できますよ。

Published by

コメントを残す